第2回「Baby Dragon」

今回のベビドラ杯はどんなパーティーが多かったの?

そんな方におすすめの記事です。

どうも!カナデン@rr_pdvです!!

この記事では第2回ベビドラ杯を振り返ります。


カナデンパーティー
今回のベビドラ杯はパーティー編成は大幅に変更せず同じような感じで挑みました。
そのパーティーがこちらです。(画像無くて分かりにくいですが。。。)
前衛:グリム兄弟  ブレイブブレード、ブレイブアーマー
中衛:イワン雷帝  ウィズダムペン、ブレイブマスケット
後衛:イーサエモンブルー  ブレイブマスケット、ウィズダムペン

このパーティーのポイントとしては

  • グリム兄弟で前衛耐えつつ後方ではINT重視で3~4ターンで決着つける
  • イワン雷帝のバフにより更に火力UP!!

です!

このパーティーで59位まで行けました!

ちょくちょく負けましたが自分が勝てる相手を把握していたため案外上位にいけました。

パーティーの種類
今回のベビドラ杯では孫尚香福沢諭吉などのNoviceヒーローの活躍が目立ちました。
特に孫尚香は前衛としてよく使われており、
なめてかかるとレアヒーローでも負けることもあります。
このようにこれから上位に行くためにはパーティー構成が重要になってきます。
簡単に今後のベビドラ杯でパーティー構成の特徴を種類に分けて紹介します。

・INT系

速攻型

マスケットやブックを全ヒーローor中衛と後衛共に装備。
1~3ターンで押しきれるかが重要
HPが低いパーティーに優位だが押しきれないときつい。

バランス型

前衛はタンク役(主にPHY系を装備)、中衛or後衛に回復役とアタッカー。
5~10ターン目で勝つことが重要
どの相手でも安定して戦えるが前衛が崩れると負けやすい。

・PHY系

前衛崩し型

全ヒーローPHY系を装備。
前衛をいかに早く倒せるかが重要。(目安2ターン)
速攻型と相性がいいがHPがかなり必要。

回復型

前衛もしくは中衛までPHY系を装備。後衛は回復役。
7ターン以降まで持ち込めるかが重要
HPを平均的にし味方が1人でも死なないことが前提。


この記事では第2回ベビドラ杯を振り返りました。

次回のベビドラ杯の参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました